2018年 06月 13日
NEVER END
a0011962_11594634.jpg





長年患っている持病が悪化し、入院して薬漬けは嫌だったので、民間療法の施設へ。自然以外、何もないところだったけれど、散歩できるようになってからは海ばかり見ていた。よく辛いことがあると、私はすぐに海に行き、そこでずっとぼーっとした。海はこんなに単純なのに、見ていて全然飽きない。ずっと見られるような気がする。今は横浜に住んでいるので、たまに横浜の海もみるけれど、これとは全然違う。アトラクションのようなアーティフィシャルな感じで違和感がある。ヨーロッパに住む知人が、東京も自然は多いけれど、とても手入れされすぎているよねと言っていた。過剰サービスに似ているのかも。今の社会は多くのことが過剰で、大事なものが欠落していっているような矛盾を感じる。その中でとても苦しく生きづらく感じることがあるけれど、それでも人間はその中で生きていかなければならない。だからこそ、本当に自分にとって何が大切で、何が必要で、そして何がそうでないのか、削ぎ落とす勇気、取捨選択できる自分でいなければと思う。写真もまたしかり。

by sudi.s | 2018-06-13 12:01 | SIGMA DP3M


<< 赤い花びら      東京の空 >>