2018年 04月 13日
写真の中へ
a0011962_22245958.jpg




シャネル銀座4階。頻繁に写真展が行われている。ここへ来るといつもほとんどと言っていいほど展覧会を見ず(すいません)、写真を撮ってしまう。この日もサラムーンの作品より、それを一枚一枚撮っている人が気になってしまい、作品越しに撮らせていただいた。しかし一枚一枚の前に止まり撮り続けている人というのが毎回いるのだけど、あれは何の目的があるのだろうか。撮ることに一生懸命になりすぎて、作品は全く見ていないという印象である。と全く見ていない私に言われたくないだろうけれど。この会場の素晴らしいところは展示のたびに内装がガラリと変わり、それが素晴らしくセンスがいい。写美などの大きな会場ならわかるけれど、このキャパで素晴らしいなあといつも感心している。そして撮影も自由。色々な意味で余裕を感じ、さすがシャネルということかなあと思ったりもする。私はブランドは全く興味がないけれど、そういう理由でシャネル銀座だけは訪れる。ドアマンは私を見て、どう見てもシャネルの顧客ではないのだろうなと思いながらも、優しくドアを開けてくれるのだった。



by sudi.s | 2018-04-13 22:26


<< 雨の帰路      エスカレーター >>