2018年 02月 08日
丸と線
a0011962_12070855.jpg




DPユーザーはご存知と思うけれど、このカメラは基本的に動くものは撮りづらい。撮れないと言い切ってしまうのには語弊があるけれど、撮れないに限りなく近い「撮りづらい」。狙おうものなら大抵外すので、狙わないのが一番いい。予測して狙える人は狙えると思うけれど、私は狙ってうまくいった試しがあまりないので(全くではないけど)狙わない。


加えて私はとても視力が悪い。個展に見えた方から「すごく視力が悪い人のトーン」と言われたことがあるけれど、その通りものすごく悪い。最近に至ってはコンタクトも不調で、かなりボヤーっとした視力の時がある。老眼かも。写真を撮るのに困るかなと思ったけれど、実際は意外に困らない。被写体と出会うことは、視力の良し悪しというより自分の感度だと思っているし、自分でピントを合わせることがないからだと思う。AFでしか撮らないといったら、素人だとバカにされたことがあるけれども。その発想ってデジタルじゃ写真じゃないと似てる。私の考えは撮れたらなんでもいい。撮れなきゃ意味がない。撮れなきゃどんなに技術を持っていたとしても意味がない。と思うのだけど、違うのかな。


話が逸れたけど、このカメラは狙わないほうがいいということ。私の場合は。でもトライしたりはする。健気な私。そしてそれでもDPを使い続ける私。フジはほとんど使いません。分割払いを払い終わる前に売りそうになったくらい使ってない。DPの何にこんなに魅了されているのかわからないけど、気持ちが違ってくるから不思議。すぐに具合が悪くなって入退院を繰り返しているけれど、それでも私はDPが好き。理由はわからないけど、中毒ってそんなものでしょう。



by sudi.s | 2018-02-08 12:10 | SIGMA DP3M


<< 足音      冬 >>