<   2012年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧

2012年 10月 29日
夜明け
a0011962_2232359.jpg


More

by sudi.s | 2012-10-29 23:03 | SIGMA DP2M
2012年 10月 28日
study #6
a0011962_20525044.jpg


土曜日の贈り物と大切な課題

by sudi.s | 2012-10-28 21:36
2012年 10月 27日
椅子とテーブル
a0011962_2044372.jpg


長めのMore

by sudi.s | 2012-10-27 21:38 | 写真展
2012年 10月 24日
The fork
a0011962_19322935.jpg


これを撮ってます私@ランチ中

by sudi.s | 2012-10-24 20:00 | 写真展
2012年 10月 22日
sudi写真展 × SIGMA DP2 「Memories」
a0011962_19154919.jpg




私にとって写真を撮る行為は、記録でも、たぶん記憶を残すことでもない
自分の中の「記憶」を呼び起こす行為なのではないかと思う

何かに呼ばれるような、心を掴まれるような瞬間が訪れたとき、シャッターを切る
それは自分の中で無意識に記憶された景観と呼応していると言える

遠くへ忘れ去られてしまったような、むしろ気づいてもいないような記憶の断片
さまざまな感情が入り混じった、心地よくもあり、またどこか痛みも伴うそれら

日常の風景を通じて表現された、消えることなく存在している自分の記憶
それらはどこかに既視感があり、過去へのノスタルジアを呼び起こさせる

Photography for myself is not just a record, not even a memory.
It is supposed to be something to evoke memories deep inside.

I shoot, just when the moment is calling to be captured.
The scene I shoot resonates with my subconscious deep inside.

These are fragments of memories which are forgotten far away or even unrecognizable.
These ambivalent feelings could be comfortable, but on the other hand may even be painful.

I embody memories which never disappear but exist within the impressions of daily life.
These are a kind of a past impression which is "already seen" and evokes a nostalgia for the past.

会場へのアクセス

by sudi.s | 2012-10-22 19:55 | 写真展
2012年 10月 20日
誰もいない本屋
a0011962_2246234.jpg


写真展搬入完了!!

by sudi.s | 2012-10-20 23:23 | 写真展
2012年 10月 17日
Everyday
a0011962_19473347.jpg


More

by sudi.s | 2012-10-17 20:20 | SIGMA DP2M
2012年 10月 15日
CLOSED
a0011962_23533753.jpg


by sudi.s | 2012-10-15 23:54 | SIGMA DP2M
2012年 10月 10日
本とブックカバー
a0011962_1950620.jpg


sudi新宿ビックロへ行くの巻

by sudi.s | 2012-10-10 20:13 | SIGMA DP2M
2012年 10月 08日
そよ風
a0011962_20534447.jpg


by sudi.s | 2012-10-08 21:50 | SIGMA DP2M