2016年 11月 06日
渋谷2016
a0011962_19574922.jpg




上京してすぐに買ったのは道路地図。それを片手に一番よく歩いた街。混沌としたスクランブル交差点は昔から顕在で、それは自分は東京にいると感じさせた。ハチ公でよく待ち合わせをした。なかなか会えなかった。もうこのままはぐれてしまってもいいのではないかとも思わせた。東京中の日本中の人という人が集まっているんじゃないかと思えた。巨大な街。いろいろなエネルギーがぶつかり合っている街。あれから25年。私の渋谷に対する印象は全く違う。渋谷もまた私も変わった。もうそれほど魅力のある街ではない。むしろ荒んでいる印象すら覚える。屯する人も、街も。だけれども、なぜだろう時々懐かしく感じる。あの頃の自分を思い出す。あのときの私がカメラを持っていたら、どんな風景が見えていたのだろう。少し興味深い。

by sudi.s | 2016-11-06 20:32 | SIGMA DP3M


<< 原点      窓の光 >>