2016年 08月 14日
Walk a dog
a0011962_1410317.jpg




パリでもロンドンでも街で散歩している犬をよく見かけた。でも対照的だったのは、パリでは犬のフンをみかけることがあったが、ロンドンではなかった。そしてDOG WASTEと書かれていたゴミ箱が存在した。イギリスのほうが犬を飼うマナーがある。

長くこのブログをご覧いただいている方はご存知だろうが、私は実家で長年マルチーズのムクを飼っていた。たびたびここにも登場したし、家族同然だった。だから彼が亡くなったとき、私は急遽帰省し、私の手で土に埋めた。両親は泣き崩れていて、私が一番冷静であったけれど、あのときの土の感触を、むーちゃんの肌触りを昨日のことのように思い出す。

動物を飼うことを人間のエゴかもしれないと思うときがある。人間の都合で飼われることは虐待に近いのではないかとも。だからむーちゃんは幸せだったのだろうかと思い返すことがある。でも私たちにとって彼は確実に私たちの家族でたくさんの愛情をくれた存在だった。

街で犬の散歩に出くわすとき、いつもいつも思い出す。私だけではなく、家族はあれだけ長い時間一緒に過ごした皆彼のことを忘れたりするときはない。

by sudi.s | 2016-08-14 14:24 | ParisArlesLondon


<< Magic Hour      Tube >>