2016年 01月 31日
歩道橋
a0011962_21571219.jpg




渋谷。あまり好きな街とは言いづらい。しかしハチ公側は苦手だけれども、並木橋方面はそうではない。ひとけが少なくなり静かだ。都会の中のそういった場所が好きだ。東京は一歩奥に入れば時代に取り残されたような場所がある。それがとても好きだ。だから都会の散歩はちっとも飽きない。

もう10年から東京を徘徊している。東京そのものを撮り続けているとは言いがたいけれど、間違いなく東京を撮り続けている。コンペで指摘された、情報を排除し場所もわからないという表現は正しい。私はそれを意図的にしてきた。意図的ではないかもしれないけれど、結果的にそうなり、それが心地よかったといったほうが正しい。何も計画性はない。今でも。ただただ自分が心地よいかどうかという点だけに忠実にしてきた。

だから自分への写真の様々な形容のされ方を聞くのは興味深い。自分が意図したものではないけれども、なるほどなあと思うもあるし、また全然的外れだなあと思ったりもする。なるほどなあと思ったときは、知らない自分を発見したようで嬉しくなる。それもまた写真の面白いところでもある。

by sudi.s | 2016-01-31 22:11 | SIGMA DP3M


<< 光と影      back-to-back >>