2015年 09月 20日
a0011962_2115277.jpg




窓、ドア、椅子、階段。

ここに何の共通点があるのかわからないけれど、私が惹かれる被写体のそれら。

無機質でありながら、なにか生命のような、もしくはさっきまでそこにいたであろう人の体温を感じるもの。

新宿御苑。この窓枠を懐かしいと思うほど、私は年老いていないはずなのだけれども、これをみて懐かしいと感じる。

物心ついたころの祖母の家の桟が記憶に残っているのかもしれない。

私の中には祖母の記憶が、また彼女自身が強く生きているという気がする。

彼女がこの世を去って14年。思い出さない日はほとんどない。

by sudi.s | 2015-09-20 21:09 | SIGMA DP3M


<< LINE      ALIVE >>