2015年 09月 05日
Smells of Autumn
a0011962_23415290.jpg




久しぶりのDP。もう懐かしさすら感じる。ほんの1ヶ月くらいのことなのに。とても懐かしい。

フジを使って、ああ結局そうなのかと思った。そうとは、誤解を恐れずに言うならば、道具でしかないということ。それは私を落胆させもし、また希望をも感じた事実だ。もし道具がすべてを支配するならば、誰が撮っても同じ写真になるはずだろう。同じ道具でも全然違うものが出てくることは写真を撮ることの面白さのひとつだと思う。そしてそうでないなら、私は写真を撮る意味を何ひとつ感じない。

本当に自分にしか撮れないものがあるのだろうか。あるとしたらどんな写真なのか。それを考えない日はない。でもまだそういうものに出逢っていない。そんな場所に自分はいない。永遠に辿りつけないかもしれない。それでも追い求めなくてはならない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

自分のために展覧会を開きたいと心から思う。

唐突に決まった個展を私は誰ためでもなく、自分のために開きたい。今までもずっとそうだったけれど、今回は特にそう感じる。これが最後でも後悔しないようなものにしたい。

本当に急なことなので、会期だけお伝えしておきます。ご都合がつく方はお越しいただけたら嬉しいです。出来る限り在廊いたします。

10月15日(木)〜21(水)*日曜日を除く

場所は新宿です。詳細はまたお知らせします。

by sudi.s | 2015-09-05 23:51 | SIGMA DP3M


<< sudi写真展「Nostalgia」      光の中 >>