2015年 05月 25日
カフェ
a0011962_6482782.jpg




いつも足が気になる。電車の中で。カフェの中で。ランニング中も当然。

ランニング雑誌を取材を受けた。楽しい取材だった。過去に写真の取材もたくさん受けたけれど、同じくらい楽しいものだった。好きなことについて話すことは本当に楽しくて、そして嬉しい。

ランニングを初めて2年。運動と思ったことは一度もない。一日の疲れを取るために、またはこれから始まる一日を気持ちよく過ごすために走る。走ることを通じて、様々なことが変化していくことに時々戸惑いながら、しかし楽しみながらの2年間。自分も知らなかった自分をたくさん知った。

どちらかといえば、人と関わることが煩わしく、すぐに疲れた。そんな自分がラン仲間と年齢も性別も職業も関係なく、気持ちよく一緒に走っている。もっとも私が何者であるか全く関係なくいられる場だから心地よいのかもしれない。言葉にしなくても、お互いの中に流れているエネルギーのようなもので会話をしている感じ。だから私はこの仲間たちが心から好きだ。とても大切に思う。

走ることは直接写真を撮ることに関係ないのかもしれないけれど、私にとっては関係がある気がする。私が日々をどう感じて生きているかということが驚くほど写真に反映されているから。生きることも、撮ることも、走ることも根底にあるものは同じだ。なにか通じたものがあるような気がする。だからこそ、その上での写真なのだと思う。今こそ写真との新しい関係性が始まるような気がしている。


大切なラン仲間とトレラン!
a0011962_6484860.jpg

発売中!
a0011962_6485953.jpg

前号もよろしく!
a0011962_64977.jpg


by sudi.s | 2015-05-25 06:54 | SIGMA DP3M


<< ふたり      光と影 >>