2015年 03月 03日
無題
a0011962_16202479.jpg




3月はロンドンにいるはずだったのに、実際はブルータスのロンドン特集を読みながらwi-fiカフェにいる。そして新宿西口で電話をするおじさんを撮っている。現実はいつも違いすぎるのだけれど、まあそんなものなんだろう。

そもそも今年は冬と春の個展を取りやめた時点でもう計画通りではない。もっとも計画なんてもの私には似合わない。

人生どこで何があるかわからないじゃないかと思ってずっと生きてきた。けれど、そうどこかで何かが起きるわけではないのだということも薄々気づいてはいる。それでも私の現実逃避は変わらない。

私の撮るものをリアルじゃないと責め立てるおじさんたちがかつていた。写真とは真実を写すから写真だと。なるほど。でも私は写真にリアリティなど求めていない。むしろ求めたくもない。このリアリティのなさこそが私のリアリティといってもいいかもしれない。

現実は自分が生きている世界だけでお腹いっぱいで、それ以上いらない。ドラマも映画もリアルじゃないから人は求めるのではないのか?と思うのだけれど、どうして写真はリアリティを求められるのでしょうか。不思議。

by sudi.s | 2015-03-03 16:39 | SIGMA DP3M


<< 原点      月 >>