2014年 09月 22日
Cafe
a0011962_22563538.jpg




恵比寿にて。ガーデンプレイスは私のお気に入りの場所。

写美が改善工事のため、しばし休館らしい。それほど自分が好む写真展を開催してくれる場所ではないのだけれど、休館となると少しつまらない。いつもチケットを頂くので、せっかくだから足を運ぶ。自分の意志とは趣向とは違うときでも、いい出逢いもあったりする。本当に時々だけれど、人との出逢いと同じで、それは突然で予期できない。だからいいなと思う。期待してがっかりするより、ずっといい。

フィオナ・タン。すごくよかった。展示はよくわからなかったのだけれど、ホール上映が私にはタイムリーだった。一緒にいった友人とちょうど話していた内容と上映の内容がとてもリンクしていた。異邦人としての彼女の写真とはアイデンティティとは。私はアルルへいっていなければ、何も響かなかった展覧会だと思う。

アルルにいってから、写真を見るようになった。写真に興味を持つようになった。これは私にとっていいことか悪いことかわからない。でもあまり深く考えない。私は必要と感じたことを必要と感じた時にする。それは人とはタイムラグがあり、気づくのも遅い。でも私には私の時間があるから仕方ない。他人の時間で生きることはできない。

写美。どう生まれ変わるのか楽しみではある。2年。長いようで短い。2年後自分はどこにいるのか。それも楽しみではある。

by sudi.s | 2014-09-22 23:14 | SIGMA DP2M


<< 都会の午後      A man in the rain >>