2014年 07月 21日
Metro
a0011962_2265595.jpg




東京メトロではなく、本物のメトロ(笑)。

パリでの滞在は短く、ほとんど時間がなかった。観光には全く興味がないので、地下鉄の回数券を買い、適当に乗ってみることにした。

パリの地下鉄はロンドンのそれにとても似ている。駅の雰囲気も空気も匂いもとても近かったので、怖さも不安もほとんどなかった。もちろん昼間でも暗く、あまり人のいない駅もあったので、緊張感はあったけれども。地下鉄の中もtubeに似て狭く、でも内装(っていうの?)はずっとお洒落だった。シートの色やデザインがカラフルでお洒落。駅の壁のデザインもグラフィカル。さらにチケットの自販機が無駄にかわいい。グリーンとパープルという完璧なカラーリング。それだけで感動した。

切符を買って改札に通し、困ったのは降りるとき。切符を通すところがない。そこで戸惑っていたら、ただ通ればいいのだとジェスチャーで(というかやってみせてくれた)パリジャンがいた。これまたカルチャーショック。降りるときは切符がいらない。つまり入ってしまえばこっちのものーでもある。切符を買わず、改札を軽々とジャンプする人(これがまたカッコいい、、なんて言ってはいけないけど)、どさくさに紛れて誰かと一緒に通る人とか。なんでもあり。

ロンドンの地下鉄と違って、マジメに動いているなあというのが正直な印象だった。ちゃんと走っている。土日でも休むことなく動いていることは意外なことだった。たまたまタイミングがよかっただけなのかもしれない。

回数券が一枚だけ残った。意図したわけじゃないけれども。期限はないらしい。そこもいい。

by sudi.s | 2014-07-21 22:31 | PARIS


<< 窓      ARLES >>