2014年 03月 27日
BONE
a0011962_21524891.jpg




もう一年の四分の1が終わってしまうと考えると、改めて月日の流れは早いと感じる。月日はどんどん流れて行くのに、自分自身は滞ったままのような気がして、身動きが取れない。焦るというよりは、少し無気力。もう五月病なのかもしれない。

今年に入って、写真の整理を何もしていないことに気づいた。ハードディスクとDVDに焼く。こういう作業は一度にやってしまわないと、また嫌になる。平気で何ヶ月も放置してしまう。一日かけてこういう作業をしていると、自分はデータを残しているのか、写真を残しているのか、どっちなんだろうかと考え込む。写真をデリートする。ほとんど躊躇なくする。躊躇なくそうできるものは、写真ではなく、データでしかないのかもしれない。

そして写真ってなんなんだろうか。自分にとって何なのだろうか。本当に必要なのだろうか。やるべきことなんだろうか。とか考える。そして全てが無意味に思えたりする。まあ人生にやるべきとかべきでないこともないし、意味あるとかないとかいうこともないんだろう。やりたいかやりたくないか。それだけのことでしかない。

そんなことを考えながら在庫から。また傘立てかと呆れられても。背骨系。

by sudi.s | 2014-03-27 21:52 | SIGMA DP3M


<< 孤独のある場所      椅子 >>