2014年 02月 26日
冬の公園
a0011962_18302729.jpg




あまり行くことのない代々木公園。東京はNYやロンドンなどの大都市に比べて緑が少ないと言われるけれど、そんな印象はあまりない。もっとも東京のグリーンはあまりにもキレイにトリミングされてしまっていて、美しくないといった人がいた。自然ではなく、人工的なグリーンだと。

好きな公園は新宿御苑。冬の白樺の木もいいけれど、春や秋がいい。ヒマさえあれば、行ってぼーっとする。本を読むか、何か書く。写真を撮るということはそんなにない。

御苑にいると、東京にいることを、日本にいることを時々忘れる。日本にいること、は言い過ぎかもしれないけれど、少なくても東京にいることを忘れてしまう場所。そこが気に入っているともいえる。だったら東京に住まなきゃいいじゃないかと言われそうだ。けれどそうではなく、東京にいながらにして、東京を忘れることのできる場所にいるということにとても意味がある。

自分の生まれた場所に、今生活している場所に、この国に、いつも違和感がある。それをずっといけないことのように、自分の問題のように思ってきた。けれど、その違和感は絶えず自分の中にあって、それは写真を撮るうえで何かしらいい作用をしているように時々思う。まあ時々だけれども。

そして写真を撮り始めたら、その場所も、違和感もどうでもよくなってしまうのだ。そう、なにもかもどうでもよくて自由。

by sudi.s | 2014-02-26 18:48 | SIGMA DP3M


<< ふたりで      SUDISM >>