2014年 02月 23日
SUDISM
a0011962_2148309.jpg




東京マラソンの応援へ。走ることはやっぱりいい。究極にシンプルで。オリンピックを見ていて、スポーツはフェアなものと思いがちだけれど、実際はそうではない。でも走ることに主観的ジャッジはない。速さを純粋に競う。もちろん美しい走りを極めるランナーはいると思うのだけれど、勝利の判定はあくまでも速さにあり、それはシンプルだ。

オリンピックといえば、真央ちゃんのスケーティング。ラストシーンはもう何度も見たし、わかっていても泣いてしまう。という人は多いだろう。どうして彼女はこうまで人の心を虜にするのか。彼女より魅せる演技をするスケーターはいると思う。でも涙は出ない。心は揺さぶられない。個人的に私は毎回涙が止まらない。彼女のスケートにはsomethingがある。

それは純粋さに近い。純度が高い。スケートは判定方法が改訂されてから、多くのアスリートが「勝つ」ためのスケートをし始めた(ように私には見える。実際違ったらすいませんけど)。彼女もそういう点が皆無とは言わないけれど、飛びたいジャンプを選んだ。特に最後のフリーで、もう後がないときに、あのジャンプを飛ぶ彼女の強さに、勇気に多くの人は感動したと思う。自分を信じて覚悟を決めた瞬間。

そういう意味で、たぶんあの表彰台にあがっていたスケーターたちは、皆自分の負けを認めたと思う。心の中で。彼らが真のアスリートならば、きっと。もちろん勝利を狙うことが悪いことではない。むしろそうしなければならないという選手もいると思う。そうだとしても、真央ちゃんの覚悟は金メダルに値する。

それじゃあ、勝てないよ、認められないよーーという世間の声をきくか、自分を信じ貫くか、それはアスリートでもアーティストでもサラリーマンでも似た状況というのはあるだろう。そのとき自分を信じることがどれだけ難しいか。けれど、それがどれだけ尊いかということを、彼女から教えてもらった気がする。

だから私もSUDISM。君の写真など世の中でウケないと言われても。これが私だというものを、自分が納得できるものを撮り続けたい。

by sudi.s | 2014-02-23 22:15 | SIGMA DP3M


<< 冬の公園      towards the light >>