2013年 10月 16日
台風一過
a0011962_22321463.jpg




歩道橋をのぼりながら、台風一過の空。皆さん、大丈夫でしたか。台風一過を台風一家だと思っていた友人がいた。ある意味、台風一家は存在すると思う。私の家族のように。もちろん台風の目は私自身。

歩きながらパッと気持ちよく撮った一枚。私のあまりにスピーディで簡単な撮影の仕方に苦言を呈する人はたくさんいる。もっと色々なアングルや切り取り方を試すとか粘り強くしつこく撮るというようなことを。

いつも一枚しか切らないわけではない。数カットくらい切ることもある。それで結局は一枚目がベストであることが多い。それは事実。時々は粘ることもある。でもそれはスナップとは言えない気がする。なにか別の行為のような。

私のベストな方法は一発でしとめる。何度も打ったりはしない。それが私のshootingであり、私にとって大事なことのような気がする。スピードとか瞬発力とか集中力とかいったものが集結したそれ。

釣り人は短気の人のほうが向いているというように、写真も似たところがあるのではないかなと思うときがある。もっとも写真家の数だけ、撮影方法はある。ただ私にとっては、一発で決めるという意識が緊張感があって好きなのだ。二発目があると思うことは、気持ちがブレる。いつも一発だと思って撮ったほうがいい。それはデジタルだろうと関係ない。

by sudi.s | 2013-10-16 22:47 | SIGMA DP3M


<< The moment      ティラミス >>