2013年 09月 14日
Tokyo Forum
a0011962_21534855.jpg




皇居にはいかないといったけれど、ジョギング教室に参加したら、皇居を走ることになった。個人的にはあまり好きなコースではなかった。景色の変化をあまり感じなくて物足りない。でもフォームをチェックしてもらい、なかなか有意義な時間で、行ってよかったなーと思った。本日の一枚は、皇居で走ったあと、東京フォーラムで。

走ることにこんなにはまると思っていなかった。しかも少々中毒的に。でもよく考えたら、走ることと写真を撮ることは少し似ている。黙々と独りでできる。自分との対峙であり、無我な時間でもある。誰に強いられるわけでもない。走りたいから走るし、撮りたいから撮る。そしてどちらも気持ちよくて、それが中毒にさせる。

けれど、やっぱりイコールにはならない。ヨガもジョギングも最高に気持ちいい。身体が求めている。でもそれ以上のものではない。身体が求めていて、それに応じているまでで、それ以上ではない。写真を撮ることも身体的反応ではあるのだけれど、衝動があり、心が動いている。そこがなければ、シャッターをただ押す作業、運動でしかない。気持ちがいいのは、感動しているからだ。それはジョギングとは違う。当たり前だけど。

写真と生きることはとても近い場所もしくは同じ線上にある。だから走り方は習えるけれど、写真の撮り方は習えない。私は。それはどう生きるか指導を受けるものだと思う。そんなものは求めていない。

by sudi.s | 2013-09-14 22:25 | SIGMA DP2M


<< Cinderella      雨 >>