2013年 02月 01日
Reborn
a0011962_2244649.jpg




祖母は母を三十歳のときに産み、母は私を三十歳のときに産み、私は三十歳で写真を始めた。と、軽くこじつけてみる。

誕生日はパーティですか?という問いに驚く。「友達がサプライズパーティとか開いてくれたりしません?」と真顔で答える彼女に絶句した。それが世の中のスタンダードなら、私はそこからかなりーそれも大きく外れたところにいる。

事実、誕生日はこの海を一人で眺めていた。黄昏れるつもりは全然なくて、私は海が好きなだけだ。なんでこんなに海が好きかはわからないのだけど、とにかくどこに行きたいか聞かれれば海に行きたい。というか、海を見たい。泳ぎたくもないし、クルージングもしたくない。海は私にとってそういう風じゃない。静かにただそこに横たわっている姿をただ眺めたい。

すっかり冷えた身体で家に帰ったら、手紙や小包が届いていた。友人たちの温かい気持ちでほっこりとした。サプライズパーティのような派手さはない。じんわりと温かい。幸せなバースデーだった。

by sudi.s | 2013-02-01 23:17 | SIGMA DP2M


<< 道      不忍池 >>