2012年 12月 20日
LINE
a0011962_21522564.jpg






毎回写真展に来てくれる帽子が似合う紳士Kさん。決まって最終日に、それも終わるころに。だからいつも、いらっしゃらないのかなーと思う。でも必ず来てくれるような気がする。

毎回立ち話が長くなるから、今度お茶でもしましょうといって、月日ばかりが流れた。キヤノンでも四ッ谷でも「今度!」といって、その今度はなかった。忙しい方なのだ。

だから今回も実現しないかなーと思っていた。たまたま御用達カフェ?が同じだった。だったら、もうそこで逢いましょうと。今までもニアミスしてたかもねといいながら。

私の畳み掛けるようなトークにも、ゆっくりと言葉を選びながら、返される。結局なにを話したんだっけ?というくらいとりとめなく話したけれど、なんだかんだあっても、sudiさんは写真があれば大丈夫!というまとめで終わった。

来年もお茶しましょうね!という私に、一瞬黙るKさん。「これからsudiさんがどう変化していくのか楽しみにしてます」とだけ仰って別れた。きっと逢うのはカフェじゃなくて、次の写真展でという感じがする。

お逢いしなくても、メールのやりとりをしなくても、ちゃんと見守ってくれている感じることのできる人のひとりだ。

by sudi.s | 2012-12-20 22:36 | SIGMA DP2M


<< 冬の朝      December >>