2012年 06月 30日
The old times
a0011962_21372877.jpg







更新しすぎ?暇がバレますね。また恵比寿出没です。人の家のガレージで写真を撮るなっていうのに。汚れのポジションが最高に良かったので一枚。この色も好きだった。

昨日は母が電話で突然見合いでもしろと言い出した(え?今更ですか?)からなのかどうか知らないけど、婚活イタリアンに遭遇しましたが、今日はああロンドン行きたいなーと思って恵比寿を歩いていたら、道に迷い、突如目の前に現れたのはイギリスのアンティークショップ。入り口のTESCOのエコバックに惹かれて入ると(なんかいろんなものがあるのだ)、ブリキのアンティークから、古切手とか、食器やカトラリーとか色々。楽しすぎるうううう。

すっかり長居してしまったのだけど、それは店主がめちゃくちゃ感じがいい人だったから。たいていアンティークショップの店主って無愛想かもっというと感じ悪いので、そそくさと出ます。偏屈おじさんとかが経営しているイメージ。でもここの店主、お客さんが入るときも、何も買わず出て行く人にも丁寧にきちんと挨拶されていていいなあと思った。でも変に話しかけてもこなくてゆっくり店内を見れるのもgood。

でも私、話しかけずにはいられず、「イギリス大好きなんです。道に迷って偶然見つけたんですけど、楽しいです。全部欲しくなっちゃう!」とハイテンション。で、そこから英談義に突入。紅茶はカフェで飲むより、マーケットとかでヒビ割れたマグに並々と注いでくれる90pくらいのミルクティ(ホワイトと言います)が一番美味しいですよねーと言ったら、すごく共感してくれた。おじさんが紅茶はやっぱりPGtipsが一番というので、いやいやTetlyですよというと、おじさんにはTetlyは上品すぎるらしい。PGtipsは成城石井に売ってますよと教えてあげたら驚いていた。はい、普通に売ってます。しかしTetlyはなぜ日本に上陸しないのだろう。不思議でならない。おじさんはアンティークの買い付けに年1回は渡英しているようで、羨ましい限り。つい最近も行って帰ってきたばかりとかで、これまた羨ましい。私が「London in your pocket」と書かれたオイスターカード(これについては昔のUKカテゴリの記事を読んでね)入れをPASMO入れにしていると見せると、おじさんも全く同じことをしていて二人で笑った。「これいいんだよねえ」とおじさん。とにかくわくわくしちゃって、ずっとお店にいたかった。「イギリス行きたくなったら、また来ますね」と私。おじさんとお話するのも楽しかったので、本当にまた逢いにいこうっと。あ、ちなみにコヴェントのアンティーク市は月曜日に行くといいよと言われました。まあ、いっ、言われてもね(笑)

そしてロンドンに行きたい私が買ったのは、古い古い切符です。なぜレスタースクエアかってのは、別に理由ないんですが、なんとなく。まだ通貨がシリングのときのものなので、かなり古い切符のようです。これをお守りにしようっと。「わたし何の予定もあても何もないんですけど、将来イギリスに住むって勝手に思ってるんですよー。念が強いので叶うかも」とおじさんに告げて、店を後にしたのでした。a0011962_2139234.jpg

ちなみに我が家の玄関のドア。結構ベタなのも好きです。マグネットがリラックマなのはご愛嬌。a0011962_21404049.jpg


おじさんの店はここにあります。

by sudi.s | 2012-06-30 22:14 | SIGMA DP2X


<< The Reader      帰り道 >>