2012年 02月 24日
ふたり
a0011962_20221035.jpg




久々にギナギナと話した。

しばらく電話もしていなかったけれど、久しぶりにたっぷり話した。電話していなかった理由とか、私が置かれている状況とか、それによる葛藤とか、私の覚悟とか、もろもろ、、この人は全部全部わかっていた。私が思うよりもずっと、深いところで理解してくれているということに驚いたり、嬉しかったり、有り難かったりした。

私は基本的に「言わなくちゃわからない」「相手に理解してほしいなら言葉で伝えなくていけない」という姿勢でいる。以心伝心という言葉もあまり好きじゃない。それは今でも基本的には変わらない。でも言葉では伝わらないものもあるということを同時に知ってもいる。言葉にすることでとても陳腐になったり、どれだけ言葉で説明しても伝わらないこともある。お互い感じる心があれば、それで十分なこともある。悲しみに打ちひしがれている人を目の前にして、本当の意味でその人にかけられる言葉など存在しないように。

私は言語によるコミュニケーション能力がとても低いことを自覚していて、それが私を写真へと向わせて理由のひとつかもしれないと思うときがある。紡ぐ言葉より撮る写真のほうがずっと正直なような気がするし、素直な気がする。たぶん。写真に悩み苦しむことは当然あるけれど、撮っているときというのはそういうことを超越している。どんな不安の中にても、その瞬間だけは私は不安じゃない、全然。それがいつもいつも不思議と思う。

by sudi.s | 2012-02-24 00:04 | SIGMA DP2


<< Lily      Still Life >>