2011年 12月 17日
テーブルと椅子
a0011962_2219133.jpg




自分でとても日本人だなあと思うのは、テーブルと椅子があってもフローリングの床に座ってしまうこと。じゃあなんでこの椅子とテーブルを買ったんだろうと思う。しかしこのカウンターテーブルは被写体としては魅力的なので、悪くない。そして床に座らなければ、このアングルにはならない。

こういうぼやけた絵を撮っておいてなんですが、DP2にこういう絵は合わないなと思う。もったいないっというか、こうじゃない。DP2の良さがいかされない感じ。DP2はこんなもんじゃないのだけれど、私では彼の良さを引き出すことができない。バレリーナを美しく踊らせることのできない稚拙な男性ダンサーのようで(誰とはいわないけど)とてもとても歯がゆい。まあそれでもパートナーの解消はしません。わたしはまだDP2とは踊りはじめたばかりというか、まだ何も踊っていないと思うから。じっくり向き合うにふさわしい相手と思って付き合います。

by sudi.s | 2011-12-17 00:11 | SIGMA DP2


<< まだ工事中      色のない街 >>